HOME > ミルクのこだわり
ミルクのこだわり
素材選び
菓子職人の目で、
美味しい素材を求め続けています。
余計な手を加えずに育った作物は、香りも風味も濃く、力強さもあります。本物の持つ味わいは、お菓子の味を一段と引き立ててくれるのではないでしょうか。
milkを開店する前の話ですが、スペイン産のアーモンドと他国のアーモンドで、同じお菓子をつくり比べてみたことがありました。そして、歴然とした味の違いに驚いたのです。それ以来、ミルクのアーモンドはスペイン産。20年以上、同じメーカーのものを使っています。ほかの素材も実際に使ってみて、その良さを実感したものだけを使っています。


ミルクのこだわり素材
アーモンド ALMOND
アーモンド(スペイン産)
アメリカ産や他国のものに比べ、油脂分を多く含み、最高の品質であると評価されているスペイン産のアーモンド。中でも雨の少ない内陸地のものほど、優れた味わいを持っています。milkでは焼き上がりの際の色付きが良く、味わいも香りも豊かなアリクサ社のアーモンドを選び、お菓子やパンに使っています。焼き上がった時の新鮮な味わいが長続きするからです。
バニラ・ビーンズ VANILLA BEAN
バニラ・ビーンズ(マダガスカル産)
バニラは香りを付けるだけでなく、お菓子全体の味わいを高めるために使います。マダガスカル産・バニラの品質の良さは世界一とも言われ、豊かで途切れのない、
甘く優しい香りが特長です。ラン科の植物であるバニラは、サヤエンドウ状の果実が香味料となります。ナイフで開いて、小さな果実を取り出し、お菓子に使っています。
醗酵バター チョコレート ドライイチジク
醗酵バター チョコレート ドライイチジク
乳酸菌を加えて、じっくりと発酵させた無塩バターです。ヨーロッパでは、バターと言えば発酵タイプのものを言います。わずかな酸味があり、香り高いのが特長です。 カカオ豆を厳選し、香りも味わいも素晴らしいクーベルチュールやプラリネを製造するフランス・ペック社のものを使用しています。 トルコ産のドライイチジクは、実が大きくて味わいも豊かです。太陽の光をたくさん浴びた果実からつくられています。